無事です


久住は今新緑の中です。
この一ヶ月間、今まで経験したことのない時間を過ごしました。
心配して遠方から電話やメールをくださった皆様ありがとうございました。
幸いに家も家族も無事です。
報告が遅れて申訳ございません。

先日熊本市の親戚に野菜と水を届けに行ってきました。
57号線赤水からミルクロードに登り大津経由で市内に入りました。
親戚の家族も家もなんとか無事でしたが、周辺の被害にことばを失いました。
復興にはたくさんの時間とたくさんの支援が必要だと感じました。


 
| 家族 | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
三七日忌

  
九年間の闘病の末、義父は眠るように安らかに旅立ちました。
大正15年生まれの義父は昭和の年号と共に生きた人生でした。
昭和18年、18歳で高校を卒業とともに佐世保海軍を志願しました。
辛いことも多かったようですが多くは語りませんでした。
ただ、「俺たちに青春はなかった」といつも言っていました。

終戦後帰郷し、農業一筋で四人の子どもを育て、十人の孫にも恵まれよくかわいがってくれましたが、
平成18年に体調をくずして入院以来、長い闘病生活になりました。

数年間帰省しなかった次女は、たまたまその日にバンコクから帰省し最後を看取ることができました。
孫たちには、親の知らないじいちゃんとの絆があるのを感じます。

まだ凍てつく寒さの2月下旬。
積雪を心配しましたが、お通夜告別式その翌日まで風もなくあたたかい日でした。
その前後が雪の舞う厳しい寒さだったこともあり、
長女が
「じいちゃんにお別れしに来てくれた人達が無事に帰りつくように、まるでじいちゃんからのプレゼントのような天気だったね」と
言いました。

明日が三七日忌。
買い物の帰りに、「BoiBoi」に立ち寄ったら、ユキちゃんと今日毛を刈られたばかりのチャコちゃんが、
無心に草を食べていました。





 
| 家族 | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
孫といた夏
      

      

ほんとに暑かったこの夏。
人間とはわがままなもので、朝夕に秋風を感じると、
暑かった夏がなつかしくなったりもする。喉元過ぎれば〜・・・ということかもしれない。

一年生になったマゴッチは、私と対等にあそべるようになった。
オセロでもあれよあれよという間にこの結果(私が黒)
まだムリだと思っていたライガーもさっさと組み立てて、ウルトラマンと闘わされ
| 家族 | 15:50 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
避暑?
  
  
 暑中お見舞い申し上げますニコッ

長雨、猛暑、台風・・・
この時期は農家にとってはほんとに気の休まる暇がありません。

そんな中、小学一年生のマゴッチが、観察記録するためのアサガオ持参でやってきました。
今朝、一輪咲いているのを見た途端、何とも言えないフワ〜ッとした気持ちになりました。
猛暑と栄養不足で葉は黄色く枯れかかり、決して元気な状態ではないのに、
黙って、静かにこんなに優しい花を咲かせている。

あぁ 大丈夫なんだ。いろいろ先のことを心配しないで、 
このアサガオの様に、今日一日を精一杯生きればいいんだ。


 
| 家族 | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
死後の世界はある?
   
父の33回忌の法要の為、久しぶりに故郷串間に帰省しました。
情熱的な赤い色のデェイゴの花に迎えられると、「帰ってきたんだな」と
いう思いが強くなります。

父が亡くなった時私は31歳。三番目の子どもがお腹の中で8ヶ月でした。
2ヶ月後無事に生まれた翌朝四時頃、満面の笑顔の父の夢を見ました。
父が祝福しに来てくれたんだと思うと涙がとまりませんでした。

それから「死ぬ瞬間の書」「死後の世界」「幽体離脱」などの本を読むようになりました。
不思議なことも何回か経験しているので、死後の世界はあるんだろうなぁと思いながら
生きてきたのですが、昨年You Tubuで、脳外科医の、エベン・アレクサンダー博士のビデオに出会って、
その思いを強くしています。

死後の世界があると信じるか信じないかで、生き方が少し違ってくるのでは、と思う今日この頃です。

 
| 家族 | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
プレゼント

   

「たしか桃井かおりと同じくらいの年齢だったよね」と、
次女から肌のお手入れセットが送られてきた。

う〜ん たしかに年齢はおなじくらいだけれど.....汗
がんばろうっとハート桃にはなれなくても、梅にはなれるかもしれない。
| 家族 | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春・・・
     

  トラバーユ  決意し娘から  電話あり
  小糠雨ふる 日曜の朝

 「自分の人生だから、自分で決めて、後悔しないように生きてほしい」と、
いつもこども達に言ってきたけれど、う〜ん、海を超えるのか・・・・・

  
| 家族 | 14:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家族が増えて・・・
 
     

イタチやカラスに襲われるのを警戒してか、
作業部屋の段ボールの中に、
卵を産みためて温めていた鶏でしたが、
昨日「ピヨピヨ」とかわいい声が・・・。

10羽孵化しました。
今日は親鶏の羽の間から顔をのぞかせたり、
ヨチヨチ歩きまわったり、
かわいくて目がはなせません。

この時期は保温に気を使うのですが、
母鶏が羽でしっかり抱いてくれるので安心です。
ちなみに親鶏の体温は41度くらいだそうです。
| 家族 | 19:55 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
百歳の母を囲んで
 
    
     

母は九月で100歳になります。
孫達が企画してくれて、「百寿を祝う会」が、
宮崎観光ホテルの「汐彩」で開かれました。

子どもや孫・曾孫・お世話になった方々も駆けつけてくださって、
宴会は3時間以上にも及びました。

母は始めに「今日は私の為にありがとうございます」と挨拶し、
終始みんなとにこやかに歓談し、疲れも見せませんでした。

みんなが驚き感嘆したのは、母の記憶力の確かさ。
人の名前はもちろんのこと、いろんなエピソード、そのことが起こった年月など、
その記憶は確かなもので、どの年代の人とでも会話が弾みます。
「みんなのおかげ、みんなのおかげ」と周りに感謝し、
会の終わりには「今日は私の為にありがとうございました」と締めくくりました。

母をみていると、
こういう風に歳を重ねたいと思います。
あぁ〜でも、もう60代にして、昨日何を食べたかさへも思い出せない。


    
  
| 家族 | 11:42 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
渋いなぁ
 
  

一ヶ月間ハウスで育苗したラナンキュラスの苗を、
本田に定植しました。

今日は強力な?助人が来てくれました。

来月には五歳になるマゴッチは、
お手伝いではなく、
一人前の作業をしたくてたまらない様子なので、
やり方だけ教えて、ある程度の面積をまかせてみたら、
なんとしっかりやるではないですか

おかげでよくはかどって、
一時間遅れの昼食では、
ご飯を三杯おかわり。よく漬かった白菜の漬物が大好き。
ご褒美は、あすかの湯希望。
なんだか渋い五歳児です。

ラナンキュラスは順調にいけば、
年内出荷できるかもしれません
| 家族 | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH