<< 贅沢な時間 | main | 神々の降りたちし地 >>
うれしい楽しい里の秋
  
     
紫蘇の実が旬。二時間ほどかけて大量の実をしごきました。
洗って塩をして熱湯をくぐらせて水分をきり、
トウガラシとニンニクのみじん切りを加えて醤油漬けにしました。
あとは新米の炊き上がりをまつだけニコッ


   
5造發△蹐Δという大きな栗をたくさんいただいたので、
「渋皮煮」をつくりました。
自分でつくるのは初めてなのでクックパッドを参照しながら手順どうりにつくったのに、
なんとこんなに黒いできあがり。
味は義母にもほめてもらえるくらいの出来なのに・・・
どうしてかなぁ〜と考えて思い当たったのが、
炭酸のかわりに炭酸泉水を使ったからではないかということ。
以前にもタケノコを炭酸泉水で茹でて時間が経ったら黒くなったのを思い出しました。
炭酸でもう一度トライしてみなくては。
それにしても、おいしいものは手間暇かかります。


 
| もろもろ | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:55 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://riekoblog.jugem.jp/trackback/464
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH