<< うれしい楽しい里の秋 | main | 羽をやすめる >>
神々の降りたちし地

  
一年ぶりの高千穂。

 
深い谷の向こうに見える集落。
高千穂はいつの季節に訪れても、草はきれいに刈り込まれ、
町全体が清潔で落ち着いていて、美しく優しい。

ことばも優しくて、友人夫婦の口げんかも、
私にはまるで歌を唄っているかのように聞こえる。
炬燵で友人手づくりのお昼ご飯を頂きながら過ごす時間は幸せそのもの。

ちょっと心が疲れた時、無性に訪れたくなる土地、それは高千穂。
そこにはいつも穏やかに迎えてくれる友人夫婦がいる。
| もろもろ | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:24 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://riekoblog.jugem.jp/trackback/465
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH