こ、これはすごい!



まるでお菓子のようなパッケージの「長湯Hot Tab」
世界初の特許製法でつくられた入浴剤である。

ドラえもんのどこでもドアならぬ、「どこでも長湯温泉」を体験できる。
今までの市販の入浴剤とは全く異なる。
ぬるめのお湯にゆっくり浸ると、体の芯から温まり足先までポカポカ。

長湯温泉効果はもちろんのこと、なんとこのタブレットはカルキ(塩素)を中和して
ゼロにしてくれるというからすごい!
街に住む子どもや孫たちが、カルキ入りのお風呂に浸かっているかと思うと
いたたまれないような思いだったがこれで安心できる。
毎日入浴するだけで、体内毒素が排出され体も肌も髪の毛もきれいになるらしい。

アトピーの赤ちゃんにも救いのタブレット。ぜひ試してみてほしい。

  問い合わせ先            株式会社 長湯ホットタブ 0120-535456  
 
| もろもろ | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あなたは何歳?
心待ちにしていた「63歳大同級会」の二回目。
今回のテーマは、レク式体力チェック。
いつでも、どこでも、楽しく、簡単に、自分の体力を測定することができる方法らしい。

測定は6種目。
その測定方法はとてもユニーク。

たとえば腕や体幹の筋力を測るのに濡れたタオルを絞って、乾いたタオルとの重量差をだす。
ストローでテッシュを吸い上げてその時間を測定することで、呼吸や肺機能を測定する。
これらの値を5段階で評価して、6種目で総合的な体力を測定できるというもの。
 
  私の評価は、
  柔軟性ー3
  敏捷性ー5
  平衡性ー5
  筋力ー4
  肺機能ー5
  総合ー3
う〜ん 柔軟性が問題だ〜。

帰宅してから義母とこのことを話していたら、
義母が「私は柔らかいよ、ホラ!」と足を全く曲げずに、両手のひらをペタンと畳に付けたので、
私は「ヒェ〜ッ」とビックリして腰が抜けそうになってしまった。

義母は85歳である。
義母曰く、「杖をつくようにはなりたくないから、毎日少しづつ運動している」のだとか。
更に曰く、「毎日やるのが大切」

今回の体力チェックをきっかけに、私は今後の人生の大きなテーマをみつけることができた。
それは、「85歳で、手のひらを畳にペッタンコ!」

   

今回、もうひとつビックリしたことがある。
それは「いまどきの体重計」

着衣したまま素足で体重計に乗り、性別・年齢・身長を入力して計測すると、
体重・体脂肪率・脂肪量・筋肉量・基礎代謝量、体内年齢などのデーターが記載されたシートが出てくるのだ。
これにも「ヒェ〜ッ」とびっくり!

思えば病院での受診や集団検診から遠ざかっていたこと数十年。
その間に身体計量機器はここまで進化していたのだ。
ちなみに私の体内年齢は46歳。「ほほう〜♪」と思いながら右隣の人のを覗くと「ん?38歳」、
左隣の人も「38歳」。
あれ〜(-_-;)
でも体脂肪率と筋肉量による体型判定は「標準」でひと安心。

今回の「63歳大同級会」も、心と体にいい刺激を受けてよかった〜、たのしかった〜。
本来ズボラな私は、毎日コツコツと何かをつづけることは苦手だけれど、
「85歳で手のひらを畳にペッタンコ」を目標に頑張ろうと思う。
 
| もろもろ | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大同級会
市の保険健康課から封書が届いた。
また健康診断の勧めだろうと思いながら開封すると、
あららら?
 
63歳大同級会  プレミア世代 ヘルスアカデミー
なんだか大仰なタイトルだけど、要するに、4回シリーズの健康講座の案内である。
63歳をピンポイントでターゲットにしていることと、「大同級会」のタイトルが、
ググッとハートに響いて、即、参加を申し込んだ。

11月25日 開講式。
「63歳からのライフプラン」
講師は別府大学准教授の佐藤敬子氏。
東京出身の佐藤氏は、まさに、立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花のような美人である。
その佐藤氏の口から、ポンポンポンポン大分弁が早いテンポで飛び出してくる。
そのギャップにあっけにとられながらも、話がおもしろくてグングン引き込まれていく。

還暦を迎えたら、あっという間に63歳。二年後には高齢者と呼ばれるようになる。
体の健康を保ちながら、脳の健康をどう保っていくかが今後のおおきな課題だ。
佐藤氏の話の中にそのヒントがたくさんあった。

まず好奇心をもつこと。そして自ら行動をおこすこと。
なるほど。
今回この講座に興味をもち参加したということが正解だったということかな。
いやいや、興味をもつような案内状をつくった健康課のスタッフに軍配があがるのかな。
どちらにしろ、今日は脳に刺激を受けて、63歳もすてたもんではないなぁと思える様になった。
そして20人のクラスメイトができた。
次回からの講座も楽しみである。

 
| もろもろ | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
羽をやすめる
ギックリ腰ならぬ「ギックリ背中?」になってしまった。
寝返りもできず、呼吸するのも苦しくて、三日間ほど寝込んでしまった。

今朝は随分楽になった。
痛みがないことはこんなに幸せなんだな〜。今朝は久しぶりにいい天気でしあわせだな〜。
ふつうの日常がとても幸せに感じられる朝。

台所に立ちながら窓越しに青空を眺めていたら、
ビワの枝から枝に二匹の蝶がひらりひらりと舞っている。

「アサギマダラだ!」

写真を撮りたくてとびだしたけれど、
蝶はひらりひらり ビワの花から花へひらりひらり。

海を渡ると言う蝶、2000舛發竜離を移動するというアサギマダラ。
移動の途中に我が家に立ち寄ってくれたのね。

しばし、ひらりひらりと可憐に舞う蝶の舞にみとれてしまった。
蝶はまるで「あまりがんばりすぎないでね」「たまには羽をやすめてね」と言っているかのよう。
苦しみの後におおきなご褒美をもらったような幸せな朝。
膝の手術で入院していた夫も快復して、来週には帰ってくる。
ボチボチいくとしよう。

   
| もろもろ | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
神々の降りたちし地

  
一年ぶりの高千穂。

 
深い谷の向こうに見える集落。
高千穂はいつの季節に訪れても、草はきれいに刈り込まれ、
町全体が清潔で落ち着いていて、美しく優しい。

ことばも優しくて、友人夫婦の口げんかも、
私にはまるで歌を唄っているかのように聞こえる。
炬燵で友人手づくりのお昼ご飯を頂きながら過ごす時間は幸せそのもの。

ちょっと心が疲れた時、無性に訪れたくなる土地、それは高千穂。
そこにはいつも穏やかに迎えてくれる友人夫婦がいる。
| もろもろ | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
うれしい楽しい里の秋
  
     
紫蘇の実が旬。二時間ほどかけて大量の実をしごきました。
洗って塩をして熱湯をくぐらせて水分をきり、
トウガラシとニンニクのみじん切りを加えて醤油漬けにしました。
あとは新米の炊き上がりをまつだけニコッ


   
5造發△蹐Δという大きな栗をたくさんいただいたので、
「渋皮煮」をつくりました。
自分でつくるのは初めてなのでクックパッドを参照しながら手順どうりにつくったのに、
なんとこんなに黒いできあがり。
味は義母にもほめてもらえるくらいの出来なのに・・・
どうしてかなぁ〜と考えて思い当たったのが、
炭酸のかわりに炭酸泉水を使ったからではないかということ。
以前にもタケノコを炭酸泉水で茹でて時間が経ったら黒くなったのを思い出しました。
炭酸でもう一度トライしてみなくては。
それにしても、おいしいものは手間暇かかります。


 
| もろもろ | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
贅沢な時間
   150902_1226~010001.jpg

鹿児島二日目。
7時半に小学二年生、9時に4歳の幼稚園生を送り出し、掃除洗濯を済ませた。さてさて今日はどう過ごしましょう。

そうだ!嫁に教えてもらった美容院に行こうとおもいたった。
「にぎわい通り」から「はいから通り」を抜けて右に曲がると「美容室WRAP(ラップ)」はすぐ。
ダンディーなマスターとまるで姉妹のような美人の奥様と娘さんの三人で経営されている。

初めてなのになんだかほっとする優しい気が流れている。
椅子に座って掛けられたケープの肌触りで、この店がただものではないと感じる。
カット、シャンプー、シャンプーの後の首筋の温湿布、ブロー、ブローの後の肩ほぐし、
その全てが重くもなく軽くもなくなんとも上質で心地いい。
猫毛でクセ毛の私の髪をこんな風にこなしてもらったのは初めてで仕上がりに大満足。
写真をお願いしたら快く応じていただいた。

「WRAP」の意味を聞くのを忘れたので調べたら、
「自分が元気でいるために、自分自身が作るプラン」〜「くるむ」〜「包む」などの意味がでてきたけど、
マスターに聞いてみなくては・・
でも来年までおあづけ。
鹿児島にくる楽しみがひとつ増えました。
| - | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
孫といた夏(2)
  150901_1539~010001.jpg
鹿児島に孫の守りに来てます。
初日は3キロくらいの距離を歩いて「ドルフィンポート」に遊びに行きました。
錦江湾をはさんで向かいは桜島。
どんよりとした雨雲に覆われて噴煙は見えません。
この日警戒レベルは4から3にひきさげられましたが、まだまだ油断できない日々が続きそうです。

広い広いドルフィンポートで思い切りあそばせての帰りは、
まさに〜行きはヨイヨイ帰りはコワイ〜状態。
三人ともヘトヘトになりながらもなんとか無事に家まで帰り着きましたが、
日頃いかに歩いてないかを思い知らされました。
| - | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
孫といた夏
      

      

ほんとに暑かったこの夏。
人間とはわがままなもので、朝夕に秋風を感じると、
暑かった夏がなつかしくなったりもする。喉元過ぎれば〜・・・ということかもしれない。

一年生になったマゴッチは、私と対等にあそべるようになった。
オセロでもあれよあれよという間にこの結果(私が黒)
まだムリだと思っていたライガーもさっさと組み立てて、ウルトラマンと闘わされ
| 家族 | 15:50 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
青菜に塩?
三日前にようやく梅雨明け宣言が出て、
その日から猛烈な暑さに突入しました。

なにしろ二ヵ月間毎日のように雨が降って、
そのあげくにこの暑さ。
まさに「青菜に塩」状態です。

ひとりだけ暑さをものともしないマゴッチが、
BoiBoiのユキちゃんとチャコちゃんに会いたがるので、
高原までドライブ。

ユキちゃんとチャコちゃんは広い草原で食事中。
「ユキちゃ〜ん」と呼ぶと顔をあげるのだけど食べるのに忙しそう・・・
二年間毛刈りしていないというチャコちゃんは、
モコモコとした毛布を着た状態なのに元気なのは、
天然クーラーの高原だからだね〜。

夜は、まるで手が届きそうなくらい星が大きく見えるので、
夜またつれてこようと思います。
夜は冷え込むので長袖の上着持参です。
そしてマゴッチの守りの任務も明日で終了。
       
| もろもろ | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS

無料ブログ作成サービス JUGEM