百歳の母を囲んで
 
    
     

母は九月で100歳になります。
孫達が企画してくれて、「百寿を祝う会」が、
宮崎観光ホテルの「汐彩」で開かれました。

子どもや孫・曾孫・お世話になった方々も駆けつけてくださって、
宴会は3時間以上にも及びました。

母は始めに「今日は私の為にありがとうございます」と挨拶し、
終始みんなとにこやかに歓談し、疲れも見せませんでした。

みんなが驚き感嘆したのは、母の記憶力の確かさ。
人の名前はもちろんのこと、いろんなエピソード、そのことが起こった年月など、
その記憶は確かなもので、どの年代の人とでも会話が弾みます。
「みんなのおかげ、みんなのおかげ」と周りに感謝し、
会の終わりには「今日は私の為にありがとうございました」と締めくくりました。

母をみていると、
こういう風に歳を重ねたいと思います。
あぁ〜でも、もう60代にして、昨日何を食べたかさへも思い出せない。


    
  
| 家族 | 11:42 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
渋いなぁ
 
  

一ヶ月間ハウスで育苗したラナンキュラスの苗を、
本田に定植しました。

今日は強力な?助人が来てくれました。

来月には五歳になるマゴッチは、
お手伝いではなく、
一人前の作業をしたくてたまらない様子なので、
やり方だけ教えて、ある程度の面積をまかせてみたら、
なんとしっかりやるではないですか

おかげでよくはかどって、
一時間遅れの昼食では、
ご飯を三杯おかわり。よく漬かった白菜の漬物が大好き。
ご褒美は、あすかの湯希望。
なんだか渋い五歳児です。

ラナンキュラスは順調にいけば、
年内出荷できるかもしれません
| 家族 | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
再び鹿児島へ
     

鹿児島のマゴッチが
幼稚園最後の運動会なので夜行バスで行ってきました。

竹田24時〜鹿児島朝6時着
ぬけるような青空
暑くもなく寒くもなく最高の運動会日和

長女親子、末娘も駆けつけて、
数年ぶりに家族が揃いました。

ジィジ、バァバの役目は
いっときもジッとしていない小さいマゴッチの面倒をみて
親を運動会に専念させることです。

それでも盛りあがった運動会を充分楽しんで、
閉会式が終わったその時、
ドドド〜ン」という音と共に
空気を震わせて
桜島が噴煙を上げました!

   

初めて見るその瞬間に興奮して
シャッターを切っているのは
私達県外者のみ。

それにしても
閉会式のタイミングに合わせて爆発するなんて、
桜島も粋です。

「爆発をマスコミが騒いで、
鹿児島全体に灰が降るようにいわれるのは
迷惑なんですよね」とタクシードライバーさんが言ってました。

桜島の爆発や灰と
日常的に付き合って生きている鹿児島の人々にとって
灰より迷惑なことがあるんですね。

運動会も桜島も楽しんで
天文館23時〜竹田03時着で帰ってきました。
今からちょっと眠ります



| 家族 | 04:01 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
おめでとうが重なって
 
       
  
今日は実家の母の99歳の誕生日。
なかなか会いにいけないので、
電話で「おめでとうございます」を言おうと思った時、
母と同居している妹から連絡が入りました。

妹の長男夫婦に赤ちゃんが誕生したのです。
母にとっては20人目の曾孫です
母への最高のプレゼントになりました。

99歳の膝に抱かれる赤ちゃんを
早く見てみたいものです。

| 家族 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
任務終了
  

鹿児島市は人口約60万人ですが
街全体にゆったりした雰囲気があります。

それは路面電車があるからだと思いました。
広い道路の中心に芝のグリーンベルトがあり、
二〜三両編成のカラフルなかわいい電車が、
ひっきりなしに往復しています。
その分
マイカーが少なくて、のどかな雰囲気が漂ってます。

人々もゆったりのどかな感じです

マゴッチをあずかって一週間。
無事任務を終えました。
普段は託児所に預けられている二歳児が、
私のことを「シェンシェイ」と呼んでいたのですが、
四日目くらいから、「バァバ」と呼ぶようになりました。

バァバは今日の夜行高速バスで久住に帰えるのだ〜。


| 家族 | 05:30 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
何をえらぶ?
 
    

ほんとに久しぶりの青空。
戸も窓もいっぱいに開け放って、
家にも人にも新鮮な気をい〜っぱい取りこみます。

気と共に漂ってくる甘い香りはユリの香り。
軒下の小さな花壇に三球ほど埋めていたものが、
今朝、満開になりました。

羽を休めに帰省した長男が、
家に足を踏み入れた途端叫びました。
「すごい!すごい! こんなボロ家なのに
癒しのパワーが満ち溢れている!」

う〜ん ボロ家は余計だけれどね、
古さが持つパワーがあるのかもね
実は歳を重ねた古い人も
いろんなパワーをもっているんだよ。

今、あなたが悩んでいるようなことも若い時に経験済み。
悩みの最中に出会うものや人や言葉や本が、実は、
その後の人生に深い意味をもっていることも知っている。

息子よ、
たくさん深く悩みなさい。
そのなかで、
あなたが何に出会い、何を選ぶか、
母はとても楽しみです。


| 家族 | 10:58 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
母を訪ねて200キロ
         
          

転んでカカトを骨折した母は元気にリハビリ中でした。
今年99歳です
| 家族 | 18:07 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
初めて携帯からの投稿です
   

この県境の橋を超えると故郷の宮崎
| 家族 | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
片思い
 
          

マゴッチが片時も離さないトミカのトラクター
精巧にできていてすごいスピードで走ります

ミニカーにじゃれて遊ぶ猫の動画を見て
我が家のミィにも
このトラクターで遊んでほしいと思ったマゴッチは
ミィの姿を見かけると
「ミィちゃん!」とうれしそうに叫んで
トラクターをミィめがけて走らせます

ミィは遊ぶどころか
突然自分にめがけて走ってくるトラクターが恐ろしくて
脱兎の如く逃げ出してしまいます

最近はマゴッチに見つからないように
辺りをうかがいながら動くミィは
なんだか少しやつれぎみ
「ミィ、もう少しの辛抱だからね」
| 家族 | 22:28 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
佳祐ありがとう
 
       

我が家の激動の15年間を共に過ごし
いつも家族に寄り添ってくれていた犬の佳祐が
旅立ちました

それはまるで
家族の行く末を見届けて
安心したかのような旅立ちでした

この広い家でひとりの夜も
佳祐がいてくれるだけで安心していられました
田んぼにも畑にもいつもよろこんでついてきました

家族みんなそれぞれにそれぞれの
佳祐との思い出があります

佳祐、たくさんの楽しい思い出をありがとう
| 家族 | 23:10 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH